前回のイントロダクションから、いよいよ本題のスタートです。

ITにお金をかけて失敗しないための方法、シリーズ第一回はあなたのお店の課題を考えましょうというテーマで進めていきます。
すべては課題を認識するところから始まります。

考える|今の課題、将来の課題

あなたのお店にとって課題は何でしょうか。

『1日の来店お客様数の目標達成率』
『お客様の来店経路・来店動機』
『リピーターと新規のお客様割合』
『お客様のサービス満足度』
『お店の運営を支えるスタッフの配置と労働時間の適正化』
『人件費、消耗品費など必要経費の適正』

などなど、課題になりそうなことはさまざまです。

ITにお金をかけて失敗しないために『課題を捉える』ということは非常に重要です。
課題と導入したものでできることがずれていれば成功にはつながりません。

ここでいう『課題』になるものはお店の収益につながるものとしています。
なぜならIT導入ということには費用がかかるからです。
『ITに費用をかけて課題を解決することでお店の収益を上げる』という流れの中の『課題』です。

課題を洗い出す際は、現状の課題と将来の課題の両方を考えることが必要です。

例えば現在が『リピーターのお客様で安定的な経営ができています』という状況でも、近隣に別のお店ができたり、ご愛顧くださっていたお客様が引っ越してしまったり、今の状況が永遠に続くとは限らないのです。

上の場合だと『新規のお客様を獲得する方法』が将来の課題になるかもしれません。

他にも『お客様の満足』というのも移ろいやすく掴みにくいものです。
満足している様子でも、実は小さい不満をいろいろ抱えていて何かのきっかけで離脱してしまうかもしれません。
定期的にアンケート取るなどお客様の動向を掴み、現在と将来の課題を見つけていくことが必要です。

このように現状の課題、将来の課題を洗い出した上で、その解決方法の一つとしてIT導入という手段を初めて考えれば良いのです。

課題は後で振り返るために必ず書き出して残しておきましょう。
(スマホのメモ機能で十分です)

第一回のまとめ

『あなたのお店の課題を考える』
・収益に関わる現在の課題と将来の課題を書き出しましょう。
・書き出したものは後で振り返るために保管しておきましょう。

次回は課題を解決したらどうなるか、目標を立てることについて解説していきます。